当サイトにお越しいただきありがとうございます。
当サイトでは、頭皮の気になる汚れや皮脂などのお悩みを少しでも解消できればと・・・
ケアの方法などを掲載しております。
よろしければ参考になさって下さい!




スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このサイトの代表的なページ

このサイトの代表的な記事をピックアップしてみました。

太字をクリックするとその記事にジャンプしますよ!

・ 頭皮にできたニキビについて → 頭皮にニキビが・・・炎症が・・・湿疹が・・・

・ 頭皮の皮脂(脂)を抑えるマッサージ法 → 皮脂を抑えるマッサージ

・ 自分の頭皮は脂性なのか検証 → あなたの頭皮は脂性?

・ シャンプーで皮脂は抑えられるのか? → シャンプーで頭皮の脂をケアしましょう!

・ 半身浴で頭皮のデトックス → 半身浴で体と頭皮のデトックス!

・ 頭皮をオリーブオイルでマッサージ → 頭皮のマッサージにオリーブオイル?

・ 頭皮の脂を防ぐ方法は → 頭皮の脂(皮脂)を防ぐには・・・

この他にも頭皮のケアの方法をいろいろ掲載しています、良かったら見ていって下さいね!

続きを読む

スポンサーサイト

暑い夏、髪や頭皮も日焼けするって知ってました?

紫外線が強い夏、頭皮も顔や手足の肌と同じように日焼けするのです。
肌を焼かないように気を付けてはいても、頭皮の日焼けに気を付けていますか?
頭皮も皮膚の一部ですから、強い紫外線を浴びると肌と同じようにダメージを受けるのです。
頭皮が紫外線を浴びると、細胞膜を破壊する性質のある過酸化脂質なるものを作り出し髪と頭皮にダメージを与えるというのです。

ですから紫外線が強い日は帽子や日傘を欠かさないようにしましょう。
帽子はUVカット素材がお薦めでしょう。
ただ、帽子はずっとかぶっていると蒸れてしまい、汗などにより頭皮の雑菌が増えてしまいフケや脱毛の原因にもなります。
それに頭をしめつけてしまい頭皮の血行が悪くなる場合があるので、かぶりっぱなしではなく時々脱いで風通し良くしてあげましょう。
そして汗をかいた日はシャンプーを忘れないようにしましょう!

何もしないより気を付けるだけで全然違います!

続きを読む

頭皮の脂(皮脂)を防ぐには・・・

薄毛の原因としてよく言われているのは、頭皮から出る過剰な脂(皮脂)です。
頭皮には大きく分けて脂性の肌の人と乾燥肌の人に分かれます。 脂性の頭皮になるにはいくつかの要因が考えられます。
例えば・・・

①生まれ持っての体質の場合
 体質は自分で変えることは出来ないので専門医に診てもらう事をオススメします。

②ストレスが原因の場合
 出来るだけストレスを軽減するように、休息をとったりストレス発散できる物を見付けてみましょう。

③食生活(油物や肉)が原因の場合
 出来るだけ油物や肉類を避け、野菜や魚を中心にした食事をとるようにしてみましょう。
  ( ※ストレスにならない程度に無理をしないようにして下さい!)

④生活のリズムが狂ってしまい、体のバランスがおかしくなってしまった場合
 睡眠をちゃんととって、規則正しく生活する。

⑤シャンプー・リンス・整髪料が頭皮に合ってない場合
 自分の頭皮に合った物を選びましょう。(専門家の診断を受けてみるのも良いのでは・・・)

  ⑥シャンプー・リンス・整髪料が頭皮に残っていませんか?
 →シャンプーは髪だけではなく頭皮も洗いましょう。
  すすぎにも時間をかけて念入りに、シャンプーが残っていては洗った意味がありません。


などなど原因は人それぞれです。
この中に当てはまらない人もいると思います。
しかし、何もしないより、自分がどんなタイプなのか考えるだけでも状況は変わるのでは・・・。

続きを読む

頭皮に危険かも・・・健康食品とステロイド剤

薄毛や脱毛には何かしらの原因があります。

精神的なストレスやホルモンバランスや間違った育毛方法などです。

その中でも多いのが、薬品等の過剰摂取によるものらしいのです。

現代は健康食品ブームで、何かしらのサプリメント等を摂取している方がたくさんいると思います。

しかし、その健康食品の過剰な摂取が原因で脱毛になる事が多いというのです。

本当にその健康食品は必要ですか?

もし心当たりがある人は1度その摂取を止めて様子を見てみてはどうでしょう?

そしてもう1つ、ニキビ治療などに使う軟膏によって脱毛が起こることがあるというのです。

これらの軟膏にはステロイド剤が使われている場合があり、それらを早く治そうと過剰に使うことによりステロイドが頭皮下に蓄積し、脱毛の原因になるケースが増えているというのです。

自己判断で使用するのは危険です!
どちらも体に直接かかわるものです、ちゃんと医師の診断に基ずいて使用しましょう。

何事もほどほどが良いのです。

頭皮にニキビが・・・炎症が・・・湿疹が・・・

あなたの頭皮にはニキビや炎症や湿疹はできていないですか?

自分の顔は毎日鏡で見るのに、頭皮を手鏡などで見る事はほとんんどありませんよね?
それらの症状は痒みや痛み等の自覚症状が出ないと気付きにくいものです。
頭皮も顔と同じ皮膚です、赤く炎症をおこしたり湿疹になったり、それを放っておくとカサブタができてしまったり、フケの原因にもなります。

湿疹では脂漏性湿疹というものがあります。
これはフケが頭皮に大量にこびりついた状態です、この脂漏性湿疹は、乳児や中高年によく見られます。

頭皮のニキビは、シャンプーなどのすすぎ残しなどの汚れが頭皮に残りがちになってしまい、その汚れが皮脂になり、そしてニキビが出来るのです。

しかし、もともとの原因は人それぞれで、頭皮を清潔にしていなかったり、睡眠不足だったり、ストレスだったり、カラーリングやパーマ液が原因だったり・・・。
その中でも多いとされるのが、整髪料やシャンプーによるアレルギーだともいわれています。
以前もシャンプーについて書きましたが、シャンプーは自分の頭皮に合った物を選んで使いましょう。
現在、シャンプーの種類は数えきれないほどありますが、頭皮に悪影響を与える物が多いといわれているので慎重に選びましょう。

もし頭皮にニキビや炎症や湿疹が見られたら、自分で悩まずに皮膚科や専門医に診てもらう事をお勧めします。
頭皮はとてもデリケートな部分です、自己判断は危険です!

続きを読む

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。